2012年10月05日

こんなことやっていませんか?(2回目)

========================

☆愛犬の信頼を得て素敵なドッグライフを送ろう☆

こんなことやっていませんか?(2回目)

              produced by nagai

========================
(文中のリンクが切れている場合は
httpの後ろにダブルコロン(:)を入れてクリックしてね♪)


こんにちは!

ネットの接続が悪くて大弱りのNAGAIでっす!(><)

コチラの問題なのか?
プロバイダの問題なのか?

まったく解からないところがミソ!爆

http://www.dog-dog-nagai.com/index.html
http://www.dog-dog-nagai.com/public/ikiikiindex.html


今回は前回に引き続き
愛犬を愛するからこそ
陥りがちな失敗について
お話したいと思います。

前回取り上げた飼育放棄となったという子は
1頭で2度美味しいにとどまらず
何度も美味しい?
話題を沢山提供してくれる
いろんな問題を含んだ子でした。

なので、しばらくは
その子の話題だけでメルマガを発行できそうです♪笑

前回もお話しましたが
放棄した元飼い主の話しによれば
人にも犬にもフレンドリーな子ということだったそうです。

しかし、その子は、リードを噛み切る癖が有り
引き取った方は
リードを噛み切られて逃げられないよう
繋留用ワイヤーを使って連れ歩いているということでした。

引き取ってきた方の話によると
その子が入っていたハウスの前扉は
内側から噛んで引っ張ったらしく
扉が内側に向かって反っていたとのことでした。

金属製の扉が曲がってしまうくらい噛んで引っ張っているとか
リードを噛み切ってしまうという子。。。

それは歯を使えば
自分が嫌なことから逃れられることを知っている子であり
牙を行使する利を知っている犬といえます。

なのに人に対して危険が無い?

変ですよね?

それは多分、人間が、その子のイイナリで暮らしていたため
歯を行使する気も起きないほど
犬の意のままの暮しだったというだけなのでは?と
想像が付きます。

で、試しに「フセ!」と命じてみると
一瞬フセの体勢に成ったかと思うが早いか
そのままゴロンと仰向けになって
お腹を出す。

もう一度「フセ!」と言ってみたが
結果は先ほどと同じ。

お腹を出して終わり。

ああ、この子にとって
「フセ」というコマンドは
一瞬だけフセの姿勢をとって
そのまま腹だしポーズに移り
飼い主にお腹を撫でさせては
いい子ね〜♪と褒められておやつを貰うという
一連の流れとしてインプットされているのだなと
解かりました。

そこで、「フセ」とは
こちらがそれを解除するまで
「フセ」の姿勢をキープするものなんだぜ!と
一瞬にして体を回転させ
仰向けになろうとするのをガッチリ抑えて回転を阻止したら
多分そう来るだろうと予想していた通り
お口が抑えているこちらの手にやってきました。

まあそうだろうな。。。
やはり自分の思い通りにならない事態に陥ると
そんななんでもないようなことでも歯を行使しようとする。

犬にも人にもフレンドリーと思っていたのは飼い主の見誤り。。。ていうか
歯を行使しようと思うことがないほどに
犬の思い通りの暮らしをさせていただけっていう飼い主だったというわけです。

だもの、
犬が飼い主を呼びつけるのを辞めないわけですよ!



犬にとって嫌なことが皆無だから
フレンドリーなままで居られる。

でも本当は
ちょっと嫌なことが起きると
すぐに歯が出てくる子だった。

それはリードを噛むなど
自分が拘束を受けるなど自由にならないときに
兆候として現れていたのに気づかずに過ごしていた。

さて、あなたはこの犬の元飼い主のような見誤り
してないですよね?

犬が示す一つの行動は
全体の状態を表しているということ。

本日の配信は如何だったでしょうか?

つまらなかったと言う方は
こちら↓から解除できます。
http://merumaga-back.seesaa.net/
にほんブログ村 犬ブログへ

ブログ王ランキング

人気blogランキングへ


=========================
☆愛犬の信頼を得て素敵なドッグライフを送ろう☆

発行人:Nagai(永井美雪)
サイト: http://www.dog-dog-nagai.com/index.html    
posted by ツェップ@発見者 at 04:27| しつけ・訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Google
        
この度は、ご訪問頂き、有難うございます。

躾について、何かしら、貴方様のお役に立てましたなら幸いです。

もし、ご訪問くださった貴方様のお悩みの点について、

有益な情報が得られなかったという場合には、

大変残念なことではありますが、

こちらの検索エンジンなどをご利用になられると、

必要な情報を得ることが可能かもしれません。

検索に際しては、「犬 しつけ」といった大まかな検索ワードのみならず、

お知りになりたい内容の言葉を「犬 噛み付き 解消」などのように

より具体的な数種の言葉を重ねてお探しになると

ご自分の要望により近い情報が得られることと思います。

例:「犬 トレーナー ○○県」「犬種名 子犬 販売」

「飼い主がしつける 行動学」「犬 失禁 原因」等

貴方が求めていた情報が、得られますことをお祈り申し上げます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。