2012年10月07日

こんなことやっていませんか?(5回目)

========================

☆愛犬の信頼を得て素敵なドッグライフを送ろう☆

こんなことやっていませんか?(5回目)

              produced by nagai

========================
(文中のリンクが切れている場合は
httpの後ろにダブルコロン(:)を入れてクリックしてね♪)


おはようございます!

1頭の保護犬で
話題を引っ張るNAGAIでっす!

だって1頭でも一杯問題を含んでいるんだもんね!

http://www.dog-dog-nagai.com/index.html
http://www.dog-dog-nagai.com/public/ikiikiindex.html


これまで4回に渡ってお話ししてきた
飼育放棄犬を引き取って来た方というのは
実はアニマルコミュニケーターさんです。

引き取ってきたとき
その子の首には
アボアストップという
犬が吠えるたびに臭気ガスを放つという
吠え防止の首輪が装着されていたそうです。

過去にNAGAI自身
このアボアストップを使ってみたことが有りますが
装着された子の知能とか我の強さによって
効果はばらばらと言う感じでした。

10か月位のグレートピレニーズの男の子に使ったという飼い主さんによれば
最初の一回で、その子は懲りて吠えなくなったとのことで
その後その子はその首輪を
ここにあるからね!と
犬舎にぶら下げておくだけで
吠えなくなったそうです。

よほど懲りたのでしょう。笑

その子の場合は
若くて経験が少ないことや
我が強くなかったことが良い結果に結びついたのだと思いますが
その飼い主さんの観察では
噴霧されたシトラスの臭いが彼の吠えを制止したのではなく
ガスが噴き出すときの
シュッ!という音が怖かったらしいという
意外な結果でした。笑

NAGAIが使ってみた別の犬では
最初に立て続けに吠えてしまえば
ガスは底を尽きて出なくなるというのを体得し
装着後に吠えまくって高価なガスを一気に使い果たすと言う強者も居ました。笑

話を元に戻しますが
アニマルコミュニケーターさんが引き取ってきた時
ときどきアニマルコミュニケーターさんが話しかけたときだけ停まるものの
その子は車の中で吠え続けるものだから
車の中はその子の口から吐き出される吐息による湿気と
アボアストップから噴射されるシトラス系のガスとで
惨憺たるものだったそうです。苦笑

NAGAIはアニマルコミュニケーターさんが同席という状況での訓練と言うのは
今回が初めてでしたが
フセを命じられて仰向けになろうとする犬に
フセというコマンドがどんなことを要求されているのかをわかった上で
仰向けに流してしまおうというのは許されないことと教えるために
20分ほども
「それは違う!」と相手の首を押さえ込んで伏せの姿勢をキープさせるといった
泥臭い戦い?(苦笑)を
その子が連れてこられたハウスの中で展開し
犬が諦めて
コチラの手が離れても
姿勢をキープするようになるまで続けました。

その間何度かこちらの手を犬の口が襲うという瞬間があったりしましたが
そんなのは慣れっこなので
NAGAIは一向に押さえの手を緩めません。

犬の抵抗の仕方から
ああ、この子はこういう風に
これまで「絶対」を示されたことが無く
5年と言う歳月を過ごしてきたのだなと思いました。

そのとき脇で見ていたアニマルコミュニケーターさんが
こんな頑固な人は初めてだ!って
この子が言っていると
笑っていました。苦笑

そんなことを行ったので
その後その子がどうなったかなと気になっていました。

多分、あの一回だけで
興奮が収まり
吠えも停まっただろうと思いましたが
もしあれで停まっていないようなら
こちらで預かるか。。。と考えたりもしていました。

翌日は疲れで静かにしているだけだろうから
何日か経過してから様子を伺うかと考えていました。

そこで数日経過した昨日
電話で様子を訊ねると
アニマルコミュニケーターさんが
待て!
お座り!
フセ!などのコマンドをかけると
しっかり、心地好いくらいに
スッ!スッ!と従うので
随分良い子じゃない!どうしたの?と犬に訊くと
犬は
これから僕はちゃんと言うことを聞くから
もうあの人のところには連れて行かないで!
あんな頑固な人には逢ったことが無い!と答えたそうです。笑

いつまでこの状態をキープできるかは解からないけれど
今のところは吠えも停まり
とても落ち着いているとのこと。

コチラに連れてくる前は
ハウスを積んである車にそぉっと近づいても
コチラの気配を感じてバウバウ吠えていて
車の扉を開けると吐息による湿気と
ハウス内で漏らしたウンチの臭気で
吐き気がしそうだったのが
今はコチラの気配を感じても
パタパタと尻尾がハウスの壁にぶつかる音がするだけだという。

やっと車のハウスを卒業できそうな様子に
ホッとしました。

コチラにやってきたとき
その子の両前足の間の皮膚は
吠えによる吐息の湿気で
皮膚がふやけ
何本もひだが出来るほど皮が伸びていたので
昨日電話でそこがどんな様子かを確認すると
普通の状態に皮が縮み
ヒダはなくなったとのことだった。

ああ、本当に吠えなくなったのだなと解かり
安心しました。

アニマルコミュニケーターさんは
その子の言葉を聴いて
この子はこれまでNAGAIが押さえ込んだときのように
本気で向き合ってくれる人が居なかったのだなと思ったとおっしゃっていました。

そぅか!NAGAIの頑固さは
アボアストップ効果の上を行く頑固さだったのね!と言うと
アニマルコミュニケーターさんは大笑いしていました。

今回、アニマルコミュニケーターさんと合同で行ってみて
こういうやり方はとても効率が良いなと思いました。

これまで犬の納得度というのを
NAGAI的に観察しながらことを進めてきたわけですが
観察結果をバックアップしてくれる存在があることで
観察に振り向けていた力を減力して
その分を作業に集中投入することが出来るので
コチラとしても大変やり易いと感じました。

優しい刑事(コミュニケーターさん)と怖い刑事(NAGAI)みたいに?
コラボって出来る部分でも
非常に効率が良くなります♪

今回で
このシリーズは5回目となりますが
時にはこうした頑固さと言うのも
興奮が酷い子には抑えとして必要となることもあるという
一つの事例としてお読みいただければ幸いです。

NAGAI的には
こういう形での保護活動なら
協力しても良いかも♪なんて思ったりした事例でした!



本日の配信は如何だったでしょうか?

つまらなかったと言う方は
こちら↓から解除できます。
http://merumaga-back.seesaa.net/
にほんブログ村 犬ブログへ

ブログ王ランキング

人気blogランキングへ

=========================
☆愛犬の信頼を得て素敵なドッグライフを送ろう☆

発行人:Nagai(永井美雪)
サイト: http://www.dog-dog-nagai.com/index.html    

=========================
☆愛犬の信頼を得て素敵なドッグライフを送ろう☆

発行人:Nagai(永井美雪)
サイト: http://www.dog-dog-nagai.com/index.html    
posted by ツェップ@発見者 at 17:57| しつけ・訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Google
        
この度は、ご訪問頂き、有難うございます。

躾について、何かしら、貴方様のお役に立てましたなら幸いです。

もし、ご訪問くださった貴方様のお悩みの点について、

有益な情報が得られなかったという場合には、

大変残念なことではありますが、

こちらの検索エンジンなどをご利用になられると、

必要な情報を得ることが可能かもしれません。

検索に際しては、「犬 しつけ」といった大まかな検索ワードのみならず、

お知りになりたい内容の言葉を「犬 噛み付き 解消」などのように

より具体的な数種の言葉を重ねてお探しになると

ご自分の要望により近い情報が得られることと思います。

例:「犬 トレーナー ○○県」「犬種名 子犬 販売」

「飼い主がしつける 行動学」「犬 失禁 原因」等

貴方が求めていた情報が、得られますことをお祈り申し上げます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。